写真展、終了しました。

29日写真展最終日に Fiat 500 Club Italia が、その様子を紹介してくれました。詳細はこちらから。
本当に楽しい銀座通いの日々でした。来てくださった皆様、写真集、ポスター、プリントをお買い上げ頂いた皆様、ありがとうございました。よいお年をお迎えください。

ふたつのトークイベント

写真展「La 500 : piccola grandiosa」では、クリスマス・イヴ(12/24)に田中長徳さんと加納満のカメラと写真にまつわるトークショーを、聖ステファノの日(12/26)には日伊協会常務理事・二村高史さんによるイタリアの田舎町にまつわるトークショーを開催いたします。いずれも興味深いトークショーになるだろうなと、主催側も楽しみにしています。

【12月24日】
田中長徳×加納満クロストーク
『真っ赤なフィアット500と加納満とカターニャ』

日時:2017年12月24日 16時〜
会場:Basement GINZA(basementginza.jp/)
入場料無料

【12月26日】
日伊協会常務理事・二村高史トークショー
『路線バスと徒歩で訪ねた
イタリアの美しい田舎町マイベストテン』

日時:2017年12月26日 19時〜
会場:Basement GINZA(basementginza.jp/)
入場料無料

トークイベントのおしらせ

MOTIONSの小野さんが案内を作ってくれました。チョートクさんと面白く写真とカメラの話ができたらと思います。タイトルはチョートクさんが考えてくれましたが、きっとそれには収まりきらない内容だと思います。入場無料、お待ちしています。

【トークショー開催のお知らせ】

17日にスタートした写真展は、おかげさまでたくさんの方にご来場いただいており、また写真集やポスター、そして作品自体をご購入くださる方もいらして、主催者としては「喜んでいただけたようで良かった」と、とても嬉しい日々を過ごしています。ありがとうございます。

今日は新たにトークショーの開催が決まりましたのでお知らせいたします。

この度、初日のレセプションにもご参加くださった写真家の田中長徳さんと本写真展の作品を撮影した加納満との対談『真っ赤なフィアット500と加納満とカターニャ』を開催できる運びとなりました。それもクリスマス・イヴに。

田中長徳さんは、日本デザインセンター勤務を経てフリーランス写真家となると、1973年から7年間ウィーンに滞在した後、文化庁派遣芸術家としてニューヨーク近代美術舘(MoMA)でアメリカの現代写真を研究した経歴をお持ちです。写真家としての活躍のみならず、『屋根裏プラハ』『LEICA, My Life』などの著書も多数お持ちで、多くのファンがいらっしゃいます。

この対談では、デジタルカメラとフイルムカメラについてや今回の撮影機材について、作品制作の裏側についてなど、普段あまり話されることのない内容が語られることでしょう。ぜひご期待ください。

【開催概要】
田中長徳×加納満クロストーク
『真っ赤なフィアット500と加納満とカターニャ』

日時:2017年12月24日 16時〜
会場:Basement GINZA
住所:東京都中央区銀座4-3-5 Ploom Shop 銀座店 B1F
入場料無料(参加者多数の場合は入場を制限する場合があります)

【登壇者】
田中 長徳
www.chotoku01.com/article/455628927.html
chotoku.cocolog-nifty.com/blog/
ただいま個展開催中です
『WIEN CT70』
場所:gallery bauhaus
住所:東京都千代田区外神田2-19-14
www.gallery-bauhaus.com/top.html

加納 満
www.kanomitsuru.com/

初日は17日、日曜日。

銀座での写真展、会期が前後一日ずつ延びて初日は17日の日曜日です。
16時頃から簡単な宴を開きたいと思っています。

イベント 『La 500 : piccola grandiosa』
開催期間 2017年12月17日(日)~ 2017年12月29日(金)
開催場所 Basement GINZA
東京都中央区銀座4丁目3-5 Ploom Shop 銀座店 B1F
アクセス 東京メトロ銀座駅/B2出口から徒歩1分
JR有楽町駅/銀座口から徒歩5分
企画   小野 光陽(MOTIONS)
共同主催 MOTIONS/加納満写真事務所
入場料  無料