写真家の言葉・土門拳


以下略(ニッコールレンズ読本3から)

東北、酒田の生まれ。車椅子の生活になっても執念で写真を撮り続けた、しぶとく泥臭い印象の土門拳。江戸っ子の粋な写真家、木村伊兵衛と対照的に語られることの多い土門拳だけれど、好きですよ、私は。この文章にあるような言葉を敢えて口にする人は、今の世の中では煙たがられるというか、これが書かれた70年代以上に嫌われると思う。けれどこれを書くことで鎧を纏い、傷つきやすい自分を守っていることは容易に想像が付くし、言葉の本意を思わなければならない。自分と比べることが失礼なほど才能、努力の差は明らかだけれど、ただそれでも等しく 「人生は一回きりである」ことに違いはない。そんなことを思わせられる出来事があったので、今日は敢えて鬱陶しいことを書いてみました。